対人事故の被害者になったらムリしてでも毎日通院がお得?保険金の決め方

交通事故の被害者になり通院する場合、実際にかかった治療費だけでなく、慰謝料や休業損害なども保険金として支払われます。これらの保険金はどのようにして決まるのでしょうか。大したケガでなくとも毎日病院に行けば通院した日数分保険金がもらえると聞いたりしたことはありませんか。ケガをした場合の慰謝料の算定の仕方をご紹介します。

 

ケガした場合の保険金

事故でケガをした場合に支払われる保険金は、大きく分けて治療費、慰謝料、休業損害があります。
治療費は、実際にかかった治療費が支払われます。慰謝料は入通院した日数に応じて、休業損害は入通院した日数とケガをした人の職業に応じて決定します。
これらの保険金は、強制加入が定められている自賠責保険から支払われます。ケガの場合、自賠責保険の保険金の限度額は120万円です。
軽微なケガや、数日の入院で済む場合は120万円を超えることはありませんが、大きいケガを負ってしまい120万円を超える部分は、任意保険から支払われます。

 

入院、通院した場合の慰謝料

自賠責保険では、入通院の慰謝料について、1日当たり4200円と定めています。治療期間の日数、または通院した日数に2を掛けたもののいづれか少ない値に4200円をかけて算出します。
例えば、治療日数が30日で通院日数が10日の場合、10×2=20<30ですので、4200×20=84000円となります。
治療費や休業損害、通院費などを含めた合計額が120万円を超えない限り、この計算方法で慰謝料が算定されます。
この計算方法だと、沢山通院した方が慰謝料を多くもらえると言えます。

 

任意保険から支払う場合

120万円を超えると、自賠責保険からは保険金が支払われませんので、任意保険から支払われます。
自賠責保険は最低限の補償にとどまっており、任意保険は自賠責保険をカバーするものです。
そのため、任意保険においての慰謝料の算出方法は、各会社異なりますが、自賠責保険よりも高いのが特徴です。
通院日数の他、ケガの症状や程度、1月当たりの通院日数をもとに算出されます。
また、被害者にも過失がある場合は、慰謝料が減額される場合があります。

 

慰謝料のその他の算出方法

また、自賠責と任意保険の算出方法の他に、弁護士基準という算出方法があります。
過去の裁判例をもとに決められたもので、万が一裁判になった場合の賠償額に近い額だと言われています。
この基準で保険会社に請求する場合は、保険会社との交渉が必要になります。
根拠なく請求しても断られる場合がほとんどで、弁護士か交通事故紛争処理センターに依頼するのが一般的です。

 

入通院以外の慰謝料

ケガをした場合の入通院の慰謝料の算出方法をご紹介しましたが、他にも、休業損害や後遺障害認定された場合の慰謝料があり、該当する場合は保険金を受け取ることができます。
入通院の慰謝料は入通院日数を基準に算定されますので、通院した分だけ慰謝料を受け取ることができます。
特に、むち打ちなどの場合はリハビリが必要になり、頻繁に通院しなければならない場合もありますので、完治するためにも、しっかりと通院しましょう。
通院回数分だけ保険金を受け取ることができます。ただし、120万円を超える場合で、治療期間が長期にわたる場合は減額される場合もあります。
自賠責保険の範囲を超えると、各保険会社の独自の基準で算出されますので、確認しましょう。

 

車保険料で損する前に確認

自動車保険の一括見積もり4コマまんが

自動車保険の一括見積もりを使うと同じ補償内容で保険料が46,530円から20,780円と25,750円も安くなりました。

一括見積もりサイト「保険の窓口インズウェブ!」なら最大20社の見積もりが一度にできます。

すでに900万人以上が使っているのに使わなきゃ損です。
最短5分で終わります。

自動車保険の一括見積もりをする2

一括見積もりできる保険会社
insweb-1ran

車を高く売るなら無料の一括査定がベスト

私がフィットを売るときに複数の車買取業者に見積もりを取ったら、一番高い会社と安い会社で査定額が187,000円も違いました。

一括見積もりサービスの「かんたん車査定ガイド」なら、最大10社から一括査定が受けられます。
入力は45秒!すぐに結果がわかります。

かんたん車査定ガイドの一括査定はこちら

一括査定できる車買取会社
車査定提携先