自動車共済とは?保険会社の自動車保険と共済はどうちがう?

テレビCMや広告などで自動車保険や自動車共済の宣伝を目にしない日はないほど、沢山の保険会社や共済があります。そんな中、保険と共済どちらがよいのかと思ったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。保険と共済はどう違うのか、それぞれ特徴をまとめてみました。

 

共済は保険ではない?

まず、保険会社は自動車保険を扱っていますが、共済が扱う自動車保険は自動車共済と呼びます。
共済では、保険という言葉は使いません。これは、保険と共済は、根拠となる法律が異なるからです。

 

自動車保険は、保険業法が根拠法で、監督官庁は金融庁です。保険業法によって免許を受けた損害保険会社のみが自動車保険を販売することができます。
一方、共済は、共済ごとに根拠法は異なり、例えば、全労済や都道府県民共済は消費生活協同組合法が根拠法で、監督官庁は厚生労働省、JA共済は農業協同組合法が根拠法で、監督官庁は農林水産省となります。

 

また、保険会社は株式会社ですので、保険という公共性を備えつつも、営利目的の企業であるため利益を追求するのに対し、共済は営利目的ではなくお互いが助け合うという趣旨で設立されている団体のため、利潤を目的としていません。そのため、共済の方が掛け金が安いのが特徴です。

 

共済に加入する方法と補償内容の違い

共済は、特定の人が加入する団体の構成員に限定して補償を提供するので、自動車共済やその他の共済に加入する場合、その共済の組合員になる必要があります。
とは言え、全労済やJA共済などは、出資金を支払えば誰でも加入でき、難しい手続きや厳しい要件はありません。
教職員のみが加入できる教職員共済など、職業などに要件を設けている共済もあります。
一方、保険の場合は、加入者の要件はなく、誰でも加入できます。そのため、幅広く販売するため代理店制度を採用している保険会社が多いという特徴もあります。

 

補償内容については、各保険会社や共済で内容は異なりますが、違いはほとんどありません。

 

等級制度も異なるが引継ぎはできる場合が多い

等級制度については、若干異なる点があります。保険会社においては、1〜20等級の等級制度を採用していますが、この等級制度を採用してない共済もあります。
共済から保険会社に乗換える場合、等級制度を採用している共済の場合は、ほとんどの保険会社で等級の引継ぎが可能です。
JA共済や全労済は、等級制度を採用しているので、乗り換えが可能です。
全労済では、1〜22等級までありますが、引継ぎが可能で、21〜22等級の場合は、保険会社では20等級に読み替えられます。
その他の共済については、等級の引継ぎができない場合がありますので、事前に確認が必要です。

 

保険会社で保険料(掛け金)が違うのはなぜ

車保険料で損する前に確認

自動車保険の一括見積もり4コマまんが

自動車保険の一括見積もりを使うと同じ補償内容で保険料が46,530円から20,780円と25,750円も安くなりました。

一括見積もりサイト「保険の窓口インズウェブ!」なら最大20社の見積もりが一度にできます。

すでに900万人以上が使っているのに使わなきゃ損です。
最短5分で終わります。

自動車保険の一括見積もりをする2

一括見積もりできる保険会社
insweb-1ran

車を高く売るなら無料の一括査定がベスト

私がフィットを売るときに複数の車買取業者に見積もりを取ったら、一番高い会社と安い会社で査定額が187,000円も違いました。

一括見積もりサービスの「かんたん車査定ガイド」なら、最大10社から一括査定が受けられます。
入力は45秒!すぐに結果がわかります。

かんたん車査定ガイドの一括査定はこちら

一括査定できる車買取会社
車査定提携先