他車運転特約の説明と適用できない具体例

借用中の自動車を運転中の事故を補償する他車運転危険特約。ほとんどの自動車保険に自動付帯されていますが、一体どんな特約なのでしょうか。他車運転特約の概要と注意点をご紹介します。

 

 

他車運転特約とは、記名被保険者やその家族が、一時的に借りた自動車を運転中に事故を起こした場合、借りた自動車の保険に優先して、保険金を支払うという特約です。
補償内容は、自分の加入している自動車保険の契約内容と同じ内容になります。

 

例えば、友人の自動車を借りて事故を起こし、自動車の修理が必要になった場合、自身の契約で車両保険に加入していれば補償されますが、車両保険に加入していなければ補償の対象にはなりません。
また、運転者限定特約を付けている場合は、限定された運転者以外の人が運転した場合は補償されませんし、設定している年齢条件に合わない人が運転している場合も補償の対象外になりますので注意が必要です。

 

 

自動車保険は、自動車を特定して契約するものですが、他車運転危険特約では、一時的に借りた自動車ならすべて補償の対象となります。

 

自動車を特定せず補償するというのは少し不思議な気もしますが、自動車を臨時に借りた時のリスクを補償するための特約で、記名被保険者と配偶者、同居の親族、別居の未婚の子が補償の対象になります。
一時的に借りたという点がポイントで、臨時に借りたかどうかの判断をするに当たって線引きが難しいことから、自分自身や同居の親族、別居の未婚の子の所有の自動車は借りた車に含みません。
例えば、自身が2台目の自動車を購入した場合や、親の自動車を借りた場合に事故を起こしても、この特約では補償されません。

 

また、長期間いつでも使用できる状態で借りている場合、会社の自動車を業務で運転している場合、借りた自動車の持ち主の許可を得ずに運転している場合は、臨時に借りたとは言えず、補償の対象になりません。
なお、借りた自動車が自家用8車種である時のみ、補償されます。
自家用8車種とは、自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車、自家用軽貨物車、自家用小型貨物、自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)、自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以上2トン以下)、キャンピング車のことをいいます。
そのため、友人のバスを借りて運転する場合は、補償の対象にはなりません。

 

そして、駐車中や停車中の事故も補償の対象外ですので、友人から借りた自動車を運転し、コンビニなどに駐車している間に当て逃げされた場合などは、車両保険に加入していても補償の対象になりません。

 

以上のとおり、注意点をまとめましたが、保険会社によって若干異なる点もありますので、不明点は保険会社に確認してみましょう。

車保険料で損する前に確認

自動車保険の一括見積もり4コマまんが

自動車保険の一括見積もりを使うと同じ補償内容で保険料が46,530円から20,780円と25,750円も安くなりました。

一括見積もりサイト「保険の窓口インズウェブ!」なら最大20社の見積もりが一度にできます。

すでに900万人以上が使っているのに使わなきゃ損です。
最短5分で終わります。

自動車保険の一括見積もりをする2

一括見積もりできる保険会社
insweb-1ran

車を高く売るなら無料の一括査定がベスト

私がフィットを売るときに複数の車買取業者に見積もりを取ったら、一番高い会社と安い会社で査定額が187,000円も違いました。

一括見積もりサービスの「かんたん車査定ガイド」なら、最大10社から一括査定が受けられます。
入力は45秒!すぐに結果がわかります。

かんたん車査定ガイドの一括査定はこちら

一括査定できる車買取会社
車査定提携先