複数の自動車を所有していると補償の重複が発生する特約

複数の自動車を所有していると補償の重複が発生する特約を確認して、保険料の無駄をなくそう

自動車保険には、記名被保険者だけでなく、その家族も補償の対象としている特約があります。家族で自動車を2台以上保有している場合、そのような特約を付けていると、補償が重複することがあります。補償が重複すると、保険料を無駄に支払うことになります。補償の重複が発生しやすい特約をご紹介しますので、ご自身の加入している保険を確認してみましょう。

 

 

人身傷害保険

まずは、人身傷害保険です。人身傷害保険は、契約の自動車に乗車中の事故を補償が基本で、契約の自動車以外の自動車に乗車中の事故、歩行中の自動車事故まで補償する特約を付けることで補償の範囲が広がります。契約の自動車以外の自動車事故と歩行中の自動車事故は、記名被保険者とその家族が補償の対象となります。全ての自動車保険にこの特約を付けている場合、事故があった時の支払限度額は、それぞれの契約の人身傷害保険の限度額を足したものになります。保険金の支払いが、一つの契約の支払限度額で収まる事故の場合は、一方の契約からは保険金が支払われないことになります。保険料を無駄にしているわけではありませんが、どれか一つの契約に付けるだけでも十分な場合が多いでしょう。また、支払限度額を無制限にしている場合は保険料の無駄になりますので、一つの契約だけに付けることで保険料を節約することができます。

 

ファミリーバイク特約

次に、ファミリーバイク特約です。これは、名前の通り、記名被保険者とその家族が原付バイクを運転している時に起きた事故を補償する特約ですので、複数特約を付けていると、補償が重複します。先に述べた通り、補償限度額は支払限度額を足したものになりますが、無制限の補償にしている場合は保険料の無駄が発生します。

 

自動車保険以外の保険との重複

自動車保険以外の保険と重複する可能性のある特約もあります。弁護士費用特約と個人賠償責任特約、身の回り品損害特約です。これらは、医療保険や火災保険等でよく見られる特約ですので、家族が加入している他の損害保険も確認してみましょう。弁護士費用特約は、契約の自動車に乗車中の事故のみを補償するものや、家族の保有する自動車の事故も補償するもの、自動車だけでなく日常生活事故まで補償するもの等、補償範囲が各保険会社異なりますので、確認が必要です。

 

見直すことで保険料の節約になる

これらの特約を見直すことで、家族全体の保険料を節約することができます。ただ、保険を解約する場合や別居になる場合は、補償がなくなることもありますので注意が必要です。
補償の重複については、損害保険協会が対応のガイドラインを作成しており、保険会社と代理店に、補償重複の可能性がある特約の一覧表の作成や募集時に説明・確認を徹底することを求めています。分からない場合は、保険会社や代理店に問い合わせてみるといいでしょう。

 

車両保険は古い車は必要性ない?加入率は?

車保険料で損する前に確認

自動車保険の一括見積もり4コマまんが

自動車保険の一括見積もりを使うと同じ補償内容で保険料が46,530円から20,780円と25,750円も安くなりました。

一括見積もりサイト「保険の窓口インズウェブ!」なら最大20社の見積もりが一度にできます。

すでに900万人以上が使っているのに使わなきゃ損です。
最短5分で終わります。

自動車保険の一括見積もりをする2

一括見積もりできる保険会社
insweb-1ran

車を高く売るなら無料の一括査定がベスト

私がフィットを売るときに複数の車買取業者に見積もりを取ったら、一番高い会社と安い会社で査定額が187,000円も違いました。

一括見積もりサービスの「かんたん車査定ガイド」なら、最大10社から一括査定が受けられます。
入力は45秒!すぐに結果がわかります。

かんたん車査定ガイドの一括査定はこちら

一括査定できる車買取会社
車査定提携先