3年の長期自動車保険のメリット・デメリット

自動車保険は1年契約だけじゃない!3年の長期保険がある

自動車保険は1年更新だと思っているアナタ。3年の長期自動車保険があることをご存知ですか。ただ保険期間長くなっただけではありません。1年の自動車保険と3年の自動車保険では、補償内容は同じでも、異なる点があります。一体どちらがお得なのか、長期自動車保険のメリットとデメリットをまとめてみました。

 

長期自動車保険のメリット

長期自動車保険は、かつては自動車ディーラーで加入できる保険でしたが、現在ではディーラー以外でも加入できる身近な商品になりました。現在では、保険料のお得さから、自動車保険の更新の際に検討される方も増えてきています。
1年の自動車保険と比べた場合、長期自動車保険のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まず、3年の自動車保険は、保険期間が3年のため、更新手続きが3年に1回で済みます。そのため、煩雑な更新手続きが3年に1回で済み、更新もれを防ぐことができますので、忙しい人にはピッタリです。

 

長期自動車保険の保険料

次に、契約者にとっては一番重要な保険料についてです。長期自動車保険は、3年間の保険料が契約時点で予め決まっており、保険期間中は保険料が変わることがありません。現在、消費増税や保険料率の改定のため、ほとんどの保険会社でほぼ毎年保険料の値上げが行われていますので、保険期間中には値上げの影響を受けないというのは、このご時世非常にメリットがあると言えます。また、事故を起こした場合、1年契約の場合は、翌年は等級が下がり保険料が上がりますが、長期自動車保険だと、保険期間中は保険料が変わりません。

 

ただし、保険会社によっては、1年契約と同じように、保険期間中に毎年等級と保険料を見直す商品もありますので、契約時には確認が必要です。
ゴールド免許割引が適用できるかどうかは、保険始期日時点の免許証の色で判断しますので、始期日時点でゴールド免許であれば割引が適用されます。仮に、1年目の途中でブルー免許になったとしても、3年間ゴールド免許割引は適用されますので、ゴールド免許を持っている方はお得です。
最後に、加入する代理店によっても、特典を受けられる場合があります。自動車ディーラーの扱う長期保険の場合、メーカーによっては、車両修理を一定額無料でできたり、距離無制限のレッカーサービスがある等、特典が受けられる場合もあります。

 

 

長期自動車保険のデメリット

良いことばかりのように思えてきますが、長期自動車保険にデメリットはあるのでしょうか。
補償について見てみると、長期自動車保険にすると付帯できない特約があります。車両保険に付帯する新車特約(新価特約)という特約です。この特約を付けるためには、初度登録が保険満期日から37カ月未満であるという要件があり、新車で購入した場合以外は、特約を付けられないことがほとんどです。
保険料について見てみると、3年後の更新の際には、保険料が高くなる場合がほとんどです。無事故で等級が進んでいても保険料が上がってしまうケースが沢山あります。これは、料率クラスが高くなったり、割引が適用されなくなった等の他に、保険料の改定の影響のためです。前述のように、最近はほぼ毎年改定により保険料が上がっていますので、3年分の保険料改定の影響を受けます。実際は、3年間保険料の値上がりの影響を受けなかったので、今までがお得だったのですが、逆に保険料が相当高くなったように感じてしまいます。
最後に、リスク担保の観点から、事故を多く起こしている契約や低等級の契約の場合は、引き受けてもらえない可能性がありますので、代理店への確認が必要です。

 

対物賠償保険に無制限をすすめてくる理由

車保険料で損する前に確認

自動車保険の一括見積もり4コマまんが

自動車保険の一括見積もりを使うと同じ補償内容で保険料が46,530円から20,780円と25,750円も安くなりました。

一括見積もりサイト「保険の窓口インズウェブ!」なら最大20社の見積もりが一度にできます。

すでに900万人以上が使っているのに使わなきゃ損です。
最短5分で終わります。

自動車保険の一括見積もりをする2

一括見積もりできる保険会社
insweb-1ran

車を高く売るなら無料の一括査定がベスト

私がフィットを売るときに複数の車買取業者に見積もりを取ったら、一番高い会社と安い会社で査定額が187,000円も違いました。

一括見積もりサービスの「かんたん車査定ガイド」なら、最大10社から一括査定が受けられます。
入力は45秒!すぐに結果がわかります。

かんたん車査定ガイドの一括査定はこちら

一括査定できる車買取会社
車査定提携先