弁護士費用特約を付けた方がいい人悪い人

付けないと危険な弁護士費用特約の効果

対人・対物賠償や人身傷害など、自動車保険のメインの補償ではありませんが、付けているといざという時とても役立つ『弁護士費用特約』。自動車保険の特約の中では、どの保険会社にもある定番の特約です。そこで、弁護士費用はどういう特約なのか、どういう人が付けた方がいいのかをまとめました。

 

 

弁護士費用特約とは

まず、弁護士費用とはどんな特約なのでしょうか。

 

自動車事故で車や物を壊されたりケガに遭い、相手方に損害賠償請求をする場合に、法律相談費用や弁護士費用を補償してくれるという特約です。補償金額は1事故1名につき300万円を上限としている保険会社がほとんどです。

 

 

事故に遭ったら、保険会社が全部やってくれるんだから弁護士に相談なんてしないよ、と思ってしまいますよね。確かに、事故に遭った場合、保険会社は契約者の代わりにとなって示談交渉を行います。実際に事故を起こした経験のある方も、保険会社に全部対応を任せたから相手とはあまり話をしなかったという人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、自分に過失のないもらい事故の場合、保険会社が契約者の代わりに示談交渉を行うことは法律上禁止されているのです。保険会社は示談交渉をすることができないため、事故にあった本人が相手方との交渉を全て自力で行わなければなりません。

 

相手方が無保険車だった場合や、相手方の賠償に納得できない場合など、一人で戦うのが困難な場合は、弁護士に示談交渉を行ってもらうことができますが、その費用をこの特約で補償することができます。

 

 

重複の可能性があるので要確認

補償される事故の範囲は保険会社によって様々です。契約の自動車に搭乗中の事故は補償されますが、他の自動車を運転中の事故や歩行中の自動車事故も補償するもの、日常生活の中で起きた事故まで補償するものあります。

 

 

保険料は、大体年間1000円ぐらいとお手軽に付けられるため、実際に付帯している人も多いです。また、弁護士費用だけを使用しても等級は下がらないため、翌年度等級が下がり保険料が高くなる心配もありません。

 

 

 

補償の対象になる人は、記名被保険者本人と配偶者、その同居の親族が対象になります。ですので、契約の自動車に限らず自動車事故全般を補償されるものや、日常生活で起きた事故まで補償される弁護士費用特約の場合、一家で一つ弁護士費用特約を付けていれば、家族みんなが安心ということになるわけです。

 

 

この弁護士費用特約、火災保険や医療保険などにもこの特約があるため、実はもう付けている人もいるかもしれません。この特約を付ける場合は、特約の補償範囲をチェックした上で、自分の加入している他の保険契約と同居の家族の保険契約を確認した上で付けることをおすすめします。

 

複数の自動車を所有していると補償の重複が発生する特約

車保険料で損する前に確認

自動車保険の一括見積もり4コマまんが

自動車保険の一括見積もりを使うと同じ補償内容で保険料が46,530円から20,780円と25,750円も安くなりました。

一括見積もりサイト「保険の窓口インズウェブ!」なら最大20社の見積もりが一度にできます。

すでに900万人以上が使っているのに使わなきゃ損です。
最短5分で終わります。

自動車保険の一括見積もりをする2

一括見積もりできる保険会社
insweb-1ran

車を高く売るなら無料の一括査定がベスト

私がフィットを売るときに複数の車買取業者に見積もりを取ったら、一番高い会社と安い会社で査定額が187,000円も違いました。

一括見積もりサービスの「かんたん車査定ガイド」なら、最大10社から一括査定が受けられます。
入力は45秒!すぐに結果がわかります。

かんたん車査定ガイドの一括査定はこちら

一括査定できる車買取会社
車査定提携先