トヨタ シエンタ

トヨタシエンタのちょうどいい特徴をホンダフリードと比較してみた

4人家族核家族のシルエット、影の画像

この車のおおまかな特徴としてシエンタ発売当初のフレーズのミニミニバン、もしくはホンダフリードの”ちょうどいい”の一言に特徴が集約されています。
その理由とはまずターゲットとなっている顧客層が家族ユーザーであること、その中でどういったユーザーを対象にしているかがカギとなります。
結論から誤解を恐れず先に言うと車の購入予算をあまりとれなく子供が二人いる4人家族で奥様が乗る機会が多く、両親と一緒に旅行まではいかないけどたまに一緒に食事にでたい。そんなユーザーが買う車になります。

 

シエンタが4人家族にちょうどいい理由1は家族構成

その理由は2つあります。一つは家族構成、二つ目は予算、がありそれらを考慮した結果シエンタを選ぶ、もしくはおすすめする理由となるわけです。
家族構成を想像してください。なぜ子供が2人いる4人家族なのか、それは子供一人だと両側スライドドアは必要ありません。なぜかというと両側スライドドアが必要
となる理由はチャイルドシートが二つあるもしくは子供が後ろに2人いる場合に必要となるからです。
チャイルドシートに子供を乗せる際にスライドドアだと簡単なのは言うまでもありませんが、子供が後ろに2人いる場合片側からでるのみだと不便があり、子供がドアを開けた時にも心配する必要性がないので二人子供がいる場合は両側スライドドアがまずは必須条件となります。

 

それと4人家族だと常に7人乗りは必要としません。たまに両親とでる程度となります。
そのため、子供が2人いる4人家族には両側スライドドアの4人のれる車が必要となります。
それならば軽でもいいんじゃない?という方もいますが軽だと4人で遠くに遊びに行くときに決してらくらく旅ができるとはいいきれません。
なので普通車で4人以上のれて両側パワースライドドアの車が必要なのです。

 

シエンタが4人家族にちょうどいい理由2は予算

そして2つめは予算。

 

なぜ予算かというと先ほどの条件を満たす車は大きくなるほどたくさんあります。
ただシエンタクラスよりもう一つ上の車となると2000CCクラスの1BOX(例えばノア、セレナ、ステップワゴンetc)がありますがこれらを購入するとなると
オプションにはよりますがだいたい2WDで250万の予算は最低でも考えておきたいところです。
その点シエンタは2WDで180万円程度から購入できます。購入価格に約70万円程度の差があるのです。
2000CCの1BOXにはたくさん人が乗れるというメリットのみ感じれる方にとっては常に使うわけでもない3列目のシート、
そのために70万円出せますか?だせませんという方がいきつくサイズがシエンタとなります。
サイズとしては市場にはシエンタとフリードがあるのでそのユーザーのいきつく車は2種類となります。
そこでシエンタをお勧めする点は購入価格でさらにフリードよりさげたい方は7万円程度シエンタがお求めやすくなっているので

 

フリードよりシエンタがちょうどいい理由

さらに価格を追求したい人。
それと3列目の利用頻度の必要性が少ない人はシエンタでしょうと申し上げます。
シエンタは3列目が収納できるので4人で常時使用する時の使い勝手がいいです。
フリードの3列目は跳ね上げ式の為、つかいがってが若干おちます。
さらにシエンタの情報を付け加えるならばデザイン。傾向ではあるのですがフリードよりシエンタの方がダイス、通常の両モデル共に女性に受けやすい
デザインとなっております。

 

最後にフリードのうたい文句の”ちょうどいい”車となるのですが、そもそも4人家族で子供2人の核家族。予算はあまりとれない。
その時点で日本のほとんどの家族が該当しませんか?
なので最初に申し上げたちょうどいい車、そして1BOXより小さい車がほしい人向けのミニミニバンで特徴のほとんどが集約されているのです。

 

 

トヨタシエンタ購入者のトラブル

中古でシエンタを購入したのですが、購入後1年内で、エンジンの故障、マフラーの故障、ドアの故障、窓の故障がありました。一番ひどいのが、ドアの故障で修理に出して自宅に帰ってくると、治っておらずもう1度修理に出しました。

 

その時にディーラーが「おかしいな。この車はすべてのドアを総入れ替えしているから壊れるはずないんだけど。」と言いました。この言葉を聞いて驚きです。ドアを総入れ替えするという事は、この車が事故車だという事です。購入前に知っていれば購入しませんでした。だまされた気持ちです。

 

中古なのにトータル140万円もしました。故障の多さにも腹が立ち、ディーラーに「おかしくないですか?」と詰め寄ると、笑ってごまかされました。「仕方ないよね。」とも言われました。故障の度に「修理代が本当はかかるんだけど。」と言い、こっちが納得いかない顔をすると、「日が浅いのでお金はかかりません。」と言います。何カ月か立ち、またエンジンの故障で修理に行くと、都合が悪いのか担当が変わっていました。本当に誠意がないと思います。新しい担当の人は悪くないので、私は怒りをぶつけようがありません。もう2度とここから車は買いません。

 

ホンダのフリード体験談レビュー

フリードの、Gジャストセレクション6人のりタイプの車種を乗っています。税金の関係で、排気量は1500ccまでのものをと考えていたので4人家族の我が家にはちょうど良い大きさの車です。シルバーボディの車体だと、内装はブラックの座席シートとなり、汚れがつくと目立ちやすいです。運転席はシートの位置を上下に動かせるのですが、助手席は前後のみの移動となり、座ってみると後部座席よりも座席位置が高く感じます。6人乗りタイプは2列めの座席が2座席別のキャプテンシートとなっており、3列目へ2列目の座席を動かさなくても行けるので便利です。購入時、カーナビはつけず、ETCのみ以前付けていた物を付け替えてもらう作業をお願いし、オーディオステレオは前のみ、ハンドルとギアのみ革使用のものをオプションで付けました。車内床カバーはネットで安くオーダーメイド出来たので、ディーラーでは購入しませんでした。トータルで200万ほどでフリード購入前まで乗っていた他メーカー車の下取りもしてもらえたのでかなり安く購入出来ました。燃費は1キロあたり16Lのようですが、ECOモードに設定した状態で往復30分圏内の移動距離程度では燃費が良いとは感じません。ただ、ハンドルも軽くとても運転しやすい車なので小型車から大きめの車に乗り換える方には比較的乗りやすい車種だと思います。

 

>>>シエンタの頭金捻出には車の一括見積もり。下取りより高く売れる車買取はこちら


車保険料で損する前に確認

自動車保険の一括見積もり4コマまんが

自動車保険の一括見積もりを使うと同じ補償内容で保険料が46,530円から20,780円と25,750円も安くなりました。

一括見積もりサイト「保険の窓口インズウェブ!」なら最大20社の見積もりが一度にできます。

すでに900万人以上が使っているのに使わなきゃ損です。
最短5分で終わります。

自動車保険の一括見積もりをする2

一括見積もりできる保険会社
insweb-1ran

車を高く売るなら無料の一括査定がベスト

私がフィットを売るときに複数の車買取業者に見積もりを取ったら、一番高い会社と安い会社で査定額が187,000円も違いました。

一括見積もりサービスの「かんたん車査定ガイド」なら、最大10社から一括査定が受けられます。
入力は45秒!すぐに結果がわかります。

かんたん車査定ガイドの一括査定はこちら

一括査定できる車買取会社
車査定提携先