運転初心者の頃遠出をして交通事故の加害者になった

運転初心者の頃遠出をして交通事故の加害者になった

運転初心者の頃遠出をして交通事故の加害者になった

自動車運転の初心者マーク

まだ運転免許を取得して1ヶ月もたたない頃の事故で加害者になってしまった時の体験談です。
自動車免許取りたてで、高校が自由登校ということもあって毎日のように親の車を借りては遊びに出かけていました。
その時は借りているという緊張感で慎重に運転していましたが、自分の為の車を買ってもらってからは、少し遠出をしたりして車を乗り回していました。

 

そんな頃、就職してしまえばこんな風に遊ぶことも無くなると思い、片道6時間も掛かる所へ、遊びに朝5時頃出発して目的地に向かいました。
2時間ほど走っていたら、段々出勤ラッシュにかかり道が混んで来ました。国道だったのでそれなりのスピードは出ていたと思います。
片側二車線の道路で左側を走行していたら、信号のない小路から一台の車が国道へ出ようと待っているのが見えました。その時、私の前の車がその小路に入ろうと減速してそのまま曲がっていくだろうと思っていたら、小路から出ようとしている車に道を譲り国道で止まってしまったのです。

 

その時、よけきれなくて右端のバンパーにこすってしまいまし。ハンドルをかなり切ってしまい、二車線の右を走行していた大型のトラックから右側のドアミラーを持っていかれてしまいました。初めて事故を起こして気が動転していたら、前の車の人がすぐ警察に連絡を入れてくれて間もなく現場検証が始まりました。
この方とその後会うことはありませんでしたが、申し訳なかったと思っています。保険会社が対応してくれたので自分では何もしないで終わってしまいましたが、自分の車の修理代で痛手を負いました。

 

その事故で学んだのは、被害者も加害者も良い思いは残らないということでした。

 

初心者でも任意保険に加入は必須。安くて自分にあった自動車保険に入るなら一括見積もりサイトがおすすめです。私は保険料が25,750円安くなりました。
一括見積もりをする

 

初心者でなくても初期対応は重要

数年前に深夜の首都高速で追突事故を起こしてしまいました。

 

栃木に用事があり、東名から東北道に抜けるために通ったのですが、カーブを曲がった先が渋滞で停滞しているのに気付くのが遅れて前の車に追突してしまいました。

 

相手はタクシーでしたが、幸いにもお客さんは乗っていませんでした。

 

その場に車を停めて、運転手の状態確認と警察への連絡をしましたが、警察の方から「上り線か下り線のどちか?」とか「周りに建物は?」とか聞かれたものの、全く土地勘がないので場所を伝えるのにかなり苦労しました。

 

タクシーの運転手さんは、ムチ打ちのようで「少し首が痛い」とおっしゃていましたが、救急車は呼ばなくていいとのことだったので、警察の検証とお互いの連絡先を交換して別れました。

 

その後すぐに保険会社に連絡したのですが、マイナーな保険会社だったせいか、初期対応は午前中にしか出来ないと言われました。

 

軽い事故だったとはいえ、相手も軽いムチ打ちで、車も損傷していたのでお昼頃に保険会社から連絡があるまではかなり精神的に不安と落ち付かなかったです。

 

その後は保険会社が相手との交渉を行ったため、こちらからは相手と連絡を取り合うことは無かったです。

 

期間的には、相手の方の長引いた(長引かせた?)こともあり、最終的に保険会社から完了の連絡があるまで2ヶ月ほど掛かりました。

 

初めての事故で不安な事も多く、特に初期対応はしっかり即座に対応してくれる会社を選ぶ事が大事だと思いました。

 


車保険料で損する前に確認

自動車保険の一括見積もり4コマまんが

自動車保険の一括見積もりを使うと同じ補償内容で保険料が46,530円から20,780円と25,750円も安くなりました。

一括見積もりサイト「保険スクエアbang!」なら最大19社の見積もりが一度にできます。

すでに300万人以上が使っているのに使わなきゃ損です。最短5分で終わります。

自動車保険の一括見積もりをする2

一括見積もりできる保険会社
一括見積もりできる保険会社一覧2

車を高く売るなら無料の一括査定がベスト

私がフィットを売るときに複数の車買取業者に見積もりを取ったら、一番高い会社と安い会社で査定額が187,000円も違いました。

一括見積もりサービスの「かんたん車査定ガイド」なら、最大10社から一括査定が受けられます。
入力は45秒!すぐに結果がわかります。

かんたん車査定ガイドの一括査定はこちら

一括査定できる車買取会社
車査定提携先


ホーム RSS購読 サイトマップ