軽トラ 自動車保険

意外と安い?軽トラ保険料の相場。自営業者や農協が危ない

軽トラック・軽貨物保険料の相場

軽トラ
自動車保険において、自家用の軽自動車は「軽四輪乗用車」と「軽四輪貨物車」の2種に分類され、軽トラックは「軽四輪貨物車」になります。

 

乗用車と貨物車で加入できる保険の補償内容は大きく違いませんが、一般型保険の場合、貨物車には「年齢条件」がありません。21歳以上補償、30歳以上補償、などの制限が無く、自動的に全年齢が補償されます。これは軽貨物自動車も同様です。

 

年齢条件が無いということは、運転者の年齢を気にせず車を使用できる反面、年齢条件をつけることによる割引を受けられないデメリットがあります。

 

ただし、一般型とは別に設定されている個人用型(いわゆるリスク細分型)であれば年齢条件をつけることができます。軽トラックを使用する人が限られた個人であれば、個人用型で年齢条件を設定するほうが保険料を安く抑えられる可能性があります。

 

 

軽トラックの保険料は、普通車や軽乗用車に比べて低くなっています。

 

基本的に保険料は自動車の年式、価格(査定額)、大きさ、安全性、環境性能などを参考にして算出されていますので、排気量が小さく車体サイズも小さい軽自動車は普通車に比べて低めになるのです。

 

軽トラックの保険料の例として、
「対人対物補償無制限、車両保険無し、人身傷害無制限、無事故20等級」

 

という条件だと、年間2〜4万円くらいです。

 

軽トラックの新車価格は特装車を除けば90〜120万円が一般的で、査定額の上限で車両保険をつけてもプラス5万円までに収まることが多いでしょう。

 

保険会社やプラン、その他補償の有無によって変動しますが、軽トラックの年間保険料の相場は上記の額になると思います。

 

25,750円保険料を安くした方法

 

軽トラ保険は安い

軽トラは4ナンバーなので普通車に比べて保険料が安いのが特徴です。4ナンバーが保険料が安くなる理由は運転者年齢条件特約が適用されないからです。普通車は運転免許を取得したばかりの若年層ほど保険料が高く設定されていますが、4ナンバーの軽トラは若年層でも保険料を安く抑える事が出来るというメリットがあります。

 

仕事などで軽トラを所有する事になりますが、中古で購入する場合は車両保険は加入しない方がいいです。中古で軽トラを購入する場合は傷を付けてしまっても修理に出す事はあまりないので車両保険は必要ありません。車両保険を加入しなければ軽トラの保険料も大幅に安く抑える事が出来ます。どうしても不安な場合は補償内容が限定されているエコノミー型に加入して出来るだけ保険料を安く抑えた方がいいです。

 

仕事で車を使用する時に20歳前後の若年層が運転する事も多いです。普通車を使用してしまうとは若年層の保険料は高くなってしまうので負担になってしまいますが、軽トラを使用すれば若年層の保険料を安く抑える事が出来るので仕事で若年層が運転する時は軽トラの方がいいです。また軽トラは運転しやすいので事故を起こすリスクも少なく運転免許を取ったばかりの人にもメリットになります。

 

軽トラの任意保険料は保険会社によって違います。
保険料を安く抑えるコツは複数の保険会社を比較することです。
自動車保険の一括見積もりサイトなら1度に最大19社の見積もりが取れるのでおすすめです。
私は同じ補償条件で保険料が25,750円安くなりました。

 

「保険スクエアbang!」自動車保険一括見積もり【軽トラック】

 

一括見積もりをする2

 

軽トラの年間維持費はバイク並

軽トラの年間維持費はかなり安いです。自動車はもちろん排気量が近いバイクと比べてもほとんど変わりません。

軽トラック(自家用小型貨物)

軽自動車税:5,000円
自動車重量税:6,600円(2年)
自賠責保険料:25,070円(2年)

 

バイク(400cc)

軽自動車税:6,000円
自動車重量税:6,600円(2年)
自賠責保険料:11,520円(2年)

 

千葉市:軽自動車税

 

自家用より自営業が多い軽トラの保険

◎通常の自動車保険との違うポイント

 

自賠責で比較すると1500円程度軽トラックのほうが普通乗用車より安くなります。任意保険では1000tから2000tの普通乗用車と軽トラックではほとんど差がありません。これは軽乗用車では普通乗用車で規定されている型式別の規定がなく、一律の保険金額となっていることが大きな要因です。車両保険だけで比較すると軽トラックのほうが安くなります。これは軽トラックのほうが長距離を走らないので、事故に合う確率が減るという保険会社のデータによるものです。

 

 

◎メリット、デメリット

 

軽トラックの自動車保険のメリットは車両保険が普通乗用車と比べて安くなるということです。被記名保険者の等級によって変わりますが、その金額は3500円から6000円ほどとなります。デメリットは実際に事故に合った際には、軽トラックはボディーが薄く軽量のため破損の度合いが大きいということです。

 

 

◎口コミ

 

自営業が使っている黄色ナンバーの軽トラックと配達業者が使っている黒ナンバーの軽トラックでは、一時黒ナンバーが保険料が安いと言われていましたが、その差は近年是正されていてほとんど差はありません。逆に走行距離が長い黒ナンバーの保険料が高くなったという意見もあります。

 

 

◎保険料相場

 

軽トラックの保険料の相場は自賠責で26,370円。任意保険の平均額は40,000円(車両保険含む、30代〜40代)ほどです。被記名保険者が18歳の場合で、初めて任意保険に入る場合は30万円ほどととんでもない金額になります。その場合は家族が被記名保険者となり、運転手年齢条件を18歳からとすれば大幅に保険料を下げることができます。

 

18歳は軽トラ保険が安い

軽トラックの保険料ですが、契約内容にもよりますが普通車と比べたら五万円から七万円は安くなるでしょう。軽自動車とはあまり変わりがないように思えるかもしれません。ここで問題なのは運転者の年齢が18歳という点です。明らかに初心者になりますよね。これが保険料を高くしている要因です。年齢制限や免許証のカラーでは割引は見込めませんので他の契約箇所で節約を試みる必要があります。基本的に対人対物は無制限にするのがベター。人身障害も5000万円から無制限で付けておくべきでしよう。もしもの時だけですが事故はいつどんな形で起こるかわかりません。自分や相手にも不足のないように契約しなければなりません。

 

節約するのであれば以下の2点を工夫します。1つ目は免責金額を設定しましょう。仮に「五万円」と設定したとします。これはを事故した時に車を直しますよね。その時実費で五万円は支払ってあとは保険会社が払ってくれるといるシステムです。

 

2つ目は「車両保険」を手頃なタイプにすることです。保険会社によってプラン内容は様々ですが最低限のものだけにします。これを付けておかないと傷付いた車を実費で直さないといけなくなります。付けないことはおすすめしません。最低限のものを選びましょう。

 

以上2点が保険料の節約が出来る箇所です。しかし18歳ですのであまり安く契約は出来ないと思っておいた方が良いでしょう。

 

軽自動車の保険料の相場

 

農協の軽トラ保険

・通常の自動車保険との違うポイント

 

一般の保険会社と農協で比較した場合、軽トラックと乗用車との保険金額の差はほとんどありません。しかしどちらも車両保険だけが乗用車より高くなる場合があります。

 

 

・メリット、デメリット

 

軽トラックの保険を農協にするメリットは、全国に相談窓口が1000ヶ所ほどあり、事故後のレッカーサービス、事故受付とも24時間体制となっています。またロードサービスはバッテリー切れ、キー閉じ込め、パンク時の応急措置がついています。

 

デメリットとしては車両保険を付けた場合、乗用車と比べて軽トラックのほうが保険料が高くなることです。

 

 

・口コミ

 

農協内で配置転換があるため専門知識がない職員が担当になる可能性があるということが言われています。

 

現在は各JAに事故相談センターを設け、専門の職員が対応する体制となっています。

 

 

・保険料相場

 

保険料相場としては新規でない場合で被記名保険者が50歳、車両保険を付けない場合で20000円から30000円、車両保険を付けた場合で50000円前後と他の保険会社とほとんど差はありません。ただし農協独特のサービスとして、自賠責とのセット割引で7%、正組合員とその家族が農業用とする場合で7%、複数の車の契約で5%割引があります。無事故継続で20等級であれば、最高63%の割引を受けられます。

 

 

軽トラとワゴンの保険料比較

配達などの仕事をする時に車が必要になりますが、軽トラとワゴンのどちらを選ぶか悩んでしまう人も多いです。配達の仕事をする時は積載量が多い事を重視して選んでいきますが、保険料も大きく異なってくるので重視したいところです。

 

そこで軽トラとワゴンの保険料の比較をしていく事にしましょう。ワゴンは基本的に5ナンバーなので保険料も年齢によって異なってきます。18〜20歳前半までは運転免許を取得したばかりなので事故を起こす確率も高く保険料も割高になってしまいます。しかし30代や40代になってくると運転も慣れてきて事故を起こす確率も少なくなるので等級も上がって保険料が安くなります。

 

50代以上になると運転する時の判断力が低下してくるので保険料が割高になってしまいます。このようにワゴンは年齢によって保険料が異なってきますが、軽トラは4ナンバーなので年齢条件を設定する事が出来ません。それにより18〜20歳前半で運転が慣れていない人と30代や40代で運転が慣れている人で保険料が同じになってしまいます。18〜20歳前半の時は軽トラを購入した方が保険料が安くなりますが、30代や40代の時はワゴンを購入した方が保険料が安くなります。年齢別でどちらが適しているか変わってくるので注意しましょう。

 

軽トラの保険と健康保険

◇軽トラックの保険が通常の自動車保険との違うポイント
保険金額に関してはほとんど差がありません。差があるのは車両保険で、若干軽トラックのほうが高くなる傾向があります。これは軽トラックが主に農作業などに使われるため、車体が壊れたり傷つく恐れが普通乗用車より高いデータによるものです。

 

◇メリット、デメリット
軽トラックは重量税が安いこともあり維持費が安く上がることが最大のメリットです。デメリットとしては車体が軽く、事故時には簡単に壊れやすいことです。

 

◇口コミ
軽トラックは任意保険に入っている割合が少ないという口コミを目にします。車両保険においては普通乗用車の58ポイントに比べて、50ポイントだったというデータがありますのであながち誤った情報とは言えません。

 

◇保険料相場
自賠責だけの金額ですが軽トラック(軽自動車)は1年15,600円、普通自動車は1年16,350円となっています。ここで気を付けたいことは、軽トラックとの事故であなたが病院で治療を受けたときの治療費の判断です。相手側の自賠責保険では120万円しか補償されません。また相手が自賠責に入っていない場合も考えられます。治療代の支払いは相手側の保険加入状況を考慮したうえで、自分の国民健康保険を使うケースもあると考えられます。

 

軽トラ保険と病気

てんかんを患っている方が登校中の小学生の列にクレーン車で突っ込み、小学生6名が死亡するという大事故があったことを受けて、2014年6月1日に病気に関して規制を洗地に設けた改正道路基本法が施工されています。病気の種類は統合失調症、てんかん、再発性のある失神、無自覚性の低血糖症、そううつ病、重度の睡眠障害、その他の精神障害、脳卒中、認知症、アルコール中毒者、その他安全な運転に関わる能力を欠く恐れがある病気となっています。これらを運転免許申請書の病気欄に虚偽の申告をした場合は、1年以下の懲役または30万円の罰金が科せられます。のことを考慮して、軽トラックと病気、自動車保険のことを書いていきます。
◇軽トラックのメリット
軽トラックのメリットは税金が普通自動車より安くて維持費が安いこと、荷物が詰めることなどです
◇軽トラックのデメリット
運転席が狭く、長距離運転には向かないこと。
◇口コミ
軽トラックで長距離の配達の仕事をしている人がエコノミー症候群になってしまい、死亡したという事例があるそうです。エコノミー症候群とは長時間体を同じ姿勢にしているために、静脈に血栓ができてしまい血液の循環が停まってしまう病気です。症状としては、足のむくみ、足や太ももの痛み、足が赤くなる、呼吸困難、胸痛、動悸息切れなどがあげられます。軽トラックは運転席が狭く、真意はともかく長距離運転であればエコノミー症候群になる可能性はあります。
◇自動車保険との関係
エコノミー症候群は自動車免許に関する病気の部類には入っていません。タクシー運転手がエコノミー症候群により死亡した例では労災が認められているケースがあることから、エコノミー症候群によって起きた事故は補償がなされる可能性はあります。
◇まとめ
運転する車が軽トラックとはいえ、エコノミー症候群により運転手が気を失う場合は、大事故が予想されます。くれぐれも軽トラックを長時間運転する場合は、定期的に休憩し、軽い運動をすることが必要です。

車保険料で損する前に確認

自動車保険の一括見積もり4コマまんが

自動車保険の一括見積もりを使うと同じ補償内容で保険料が46,530円から20,780円と25,750円も安くなりました。

一括見積もりサイト「保険スクエアbang!」なら最大19社の見積もりが一度にできます。

すでに300万人以上が使っているのに使わなきゃ損です。最短5分で終わります。

自動車保険の一括見積もりをする2

一括見積もりできる保険会社
一括見積もりできる保険会社一覧2

車を高く売るなら無料の一括査定がベスト

私がフィットを売るときに複数の車買取業者に見積もりを取ったら、一番高い会社と安い会社で査定額が187,000円も違いました。

一括見積もりサービスの「かんたん車査定ガイド」なら、最大10社から一括査定が受けられます。
入力は45秒!すぐに結果がわかります。

かんたん車査定ガイドの一括査定はこちら

一括査定できる車買取会社
車査定提携先


ホーム RSS購読 サイトマップ