業務用自動車保険の相場と日常・レジャーとの保険料の違い

業務用自動車保険の相場と日常・レジャーとの保険料の違い

業務用自動車保険料が高いのは、業務として、運転する回数や運転走行距離が長くなっていることは言うまでもありませんが、それに比べて、日常・レジャーになると、プライベートによっては、あまり運転しない運転者もいますので、そういった運転者にお応えするために、ダイレクト自動車保険が増えてきました。

 

また、ダイレクト自動車保険について、日常・レジャーだけではなく、業務用も出てきましたので、それぞれの相場を紹介しておきます。

 

日常・レジャー:2万〜6万円台
業務用:7万〜11万円台

 

 

ネットで簡単に申し込みができ、保険更新の手続きごとに車のメーターを見て、走行距離を申告すれば、安くなる仕組みになっています。ダイレクト自動車保険が登場する前は、損保会社系代理店の自動車保険しかありませんでした。代理店に申し込むとなると、走行距離を申告する制度もなく、手数料や店舗費用、スタッフ費用などが保険料に上乗せされて、結局高くなっていました。

 

それに加えて、代理店によっては、多額の手数料を不当に支払わされる悪質な代理店もありましたので、良い代理店を選ぶのに、大変苦労した事もありました。ダイレクト自動車保険が登場したことによって、走る分だけの保険料にコストダウン化され、これが家計に助かるようになっているので、これからもダイレクト自動車保険は日常・レジャーの自動車保険として、伸びていくと思います。

 

車保険料で損する前に確認

自動車保険の一括見積もり4コマまんが

自動車保険の一括見積もりを使うと同じ補償内容で保険料が46,530円から20,780円と25,750円も安くなりました。

一括見積もりサイト「保険スクエアbang!」なら最大19社の見積もりが一度にできます。

すでに300万人以上が使っているのに使わなきゃ損です。最短5分で終わります。

自動車保険の一括見積もりをする2

一括見積もりできる保険会社
一括見積もりできる保険会社一覧2

車を高く売るなら無料の一括査定がベスト

私がフィットを売るときに複数の車買取業者に見積もりを取ったら、一番高い会社と安い会社で査定額が187,000円も違いました。

一括見積もりサービスの「かんたん車査定ガイド」なら、最大10社から一括査定が受けられます。
入力は45秒!すぐに結果がわかります。

かんたん車査定ガイドの一括査定はこちら

一括査定できる車買取会社
車査定提携先


ホーム RSS購読 サイトマップ