料率クラスでこんなに変わる!車種別保険料を徹底比較

任意保険の保険料は、補償内容や条件が同じでも、車種によって保険料が変わります。この保険料の違いには、型式別料率クラスが影響しています。料率クラスは、どのくらい保険料に影響するのでしょうか。実際に試算してみました。

 

 

車種によって保険料が変わる要因に、料率クラスがあります。
料率クラスは、自動車の型式ごとの事故実績を元に、対人賠償保険・対物賠償保険・傷害保険・車両保険の4項目で、1〜9の数字で表されたものです。
事故実績が多いと料率クラスは大きくなり、事故実績が少ないと小さくなります。料率クラスが高いほど保険料は高くなり、低いほど保険料は安くなります。
料率クラスは型式によって異なりますので、同じ車種でも型式が違うために保険料も違うということはよくあります。
この料率クラスは、損害保険料率算出機構が決めているもので、ほとんどの保険会社がこれを採用しているので、保険会社に料率クラスが変わるということはありません。
また、料率クラスは、1年に1回見直しがされます。
事故が多いと料率クラスが上がりますので、保険料の更新の際に、無事故なのに保険料が上がる場合は、料率クラスが要因になっていることもあります。
ちなみに、軽自動車や貨物車には料率クラスは設定されていないので、型式による保険料の違いはありません。

 

軽自動車の自動車保険料の相場

 

 

では、料率クラスが違うとどのぐらい保険料に差が出るのか、試算してみましょう。
今回は、環境にもお財布にも優しいコンパクトカーで比較してみました。
車両保険については、自動車ごとに車両価格が異なるため、車両保険は付帯せず、自動車以外の条件は全て同じ内容で試算をしました。結果は下記の通りです。

 

トヨタアクア…型式NHP10、対人5・対物5・人身4、62,840円。
マツダデミオ…型式DE3FS、対人5・対物5・人身4、62,840円。型式DY5R、対人4・対物5・人身5、60,580円。
型式DEJFS、対人3・対物5・人身4、56,450円。型式DE3AS、対人3・対物5・人身4、56,450円。
ホンダフィット・・・型式GK3、対人4・対物4・人身4、53,350円。型式GE9、対人3・対物3・人身4、45,430円。
日産ノート…型式E12、対人4・対物4・人身4、53,350円。型式NE12、対人4・対物5・人身4、59,360円。

 

同じコンパクトカーでも、料率クラスによって最大約1万7千円の差が出ることが分かりました。また、同じ車種でも型式が違うと保険料が変わってきます。
料率クラスは、申込書や保険証券に記載されていますので、確認してはいかがでしょうか。

 

 

車保険料で損する前に確認

自動車保険の一括見積もり4コマまんが

自動車保険の一括見積もりを使うと同じ補償内容で保険料が46,530円から20,780円と25,750円も安くなりました。

一括見積もりサイト「保険の窓口インズウェブ!」なら最大20社の見積もりが一度にできます。

すでに900万人以上が使っているのに使わなきゃ損です。
最短5分で終わります。

自動車保険の一括見積もりをする2

一括見積もりできる保険会社
insweb-1ran

車を高く売るなら無料の一括査定がベスト

私がフィットを売るときに複数の車買取業者に見積もりを取ったら、一番高い会社と安い会社で査定額が187,000円も違いました。

一括見積もりサービスの「かんたん車査定ガイド」なら、最大10社から一括査定が受けられます。
入力は45秒!すぐに結果がわかります。

かんたん車査定ガイドの一括査定はこちら

一括査定できる車買取会社
車査定提携先