10対0?5対5?過失割合の決め方

10対0?5対5?過失割合の決め方

交通事故の示談交渉では、当事者の過失割合を決定し、それに応じて、双方が支払う賠償金額を決めます。この過失割合によって支払う賠償金額と受け取る賠償金額は変わるわけですが、過失割合はどのようにして決められるのでしょうか。過失割合が決まる過程と、決定する上で重要な事柄をご紹介します。

 

 

 

まず、過失割合とは、当事者間の損害賠償の割合を数字で表したものを言います。0〜100の数字で表し、80:20や70:30などと表記します。

 

任意保険に加入している場合は、示談交渉は保険会社が行いますので、当事者が加入している保険会社が話し合って決めます。
過失割合は、ただなんとなく決めているわけではなく、過去の自動車事故裁判の裁判例を基にして決定します。

 

例えば、自動車を停車中のところに追突された追突事故の場合、基本的には、追突した自動車の過失は100%、停車中の追突された自動車の過失は0%になります。
追突された方の過失は0%ですから、自動車の修理費用と怪我をした時の治療費、慰謝料は全額相手方の負担になります。

 

車両の修理費用と治療費、慰謝料が合計で60万円の場合、相手方に全額請求することができます。

 

ただ、追突された側に過失が発生するケースもあります。曲がり角付近や勾配の急な坂、トンネルなどに駐停車していたり、ハザードランプを付けていなかったりする場合は、追突された側にも過失が発生します。
このような場合、10〜20%過失が認めらることが多く、追突された自動車に10%の過失が認められた場合は、60万円の損害のうち、6万円は自己負担する必要があります。残りの54万円が相手方の負担になります。

 

また、追突した側に40万円の車両損害が発生した場合、追突された側は40万円のうち10%の損害を負担する必要がありますので、4万円を追突された側に支払う責任があります。

 

その他、走行中の自動車同士の事故や駐車場内での事故、自転車や歩行者との接触事故、高速道路での事故など、様々な事故形態がありますが、同じような事故の形態でも、運転者の健康状態や出しているスピード、天候、道路状況などは事故ごとに異なりますので、裁判例に個別の事故ごとに修正を加えて過失割合を決定します。
当事者同士が保険に加入している場合は、保険会社同士の話し合いになり、決定した過失割合だけを伝えられるようなケースが多いのが現状ですが、過失割合に不満や疑問がある場合は、保険会社に説明を求めましょう。

 

車保険料で損する前に確認

自動車保険の一括見積もり4コマまんが

自動車保険の一括見積もりを使うと同じ補償内容で保険料が46,530円から20,780円と25,750円も安くなりました。

一括見積もりサイト「保険スクエアbang!」なら最大19社の見積もりが一度にできます。

すでに300万人以上が使っているのに使わなきゃ損です。最短5分で終わります。

自動車保険の一括見積もりをする2

一括見積もりできる保険会社
一括見積もりできる保険会社一覧2

車を高く売るなら無料の一括査定がベスト

私がフィットを売るときに複数の車買取業者に見積もりを取ったら、一番高い会社と安い会社で査定額が187,000円も違いました。

一括見積もりサービスの「かんたん車査定ガイド」なら、最大10社から一括査定が受けられます。
入力は45秒!すぐに結果がわかります。

かんたん車査定ガイドの一括査定はこちら

一括査定できる車買取会社
車査定提携先


ホーム RSS購読 サイトマップ